格闘技人気ランキング         ボクシング動画一覧

2006年09月27日

JBC、女子ボクシング認可の可能性?

【JBC、女子ボクシング認可の可能性も】
 
 日本ボクシングコミッション(JBC)は26日、JBCが認めていない国内の女子の試合について、将来的に認可する可能性がある、との見解を示した。
 同日、都内で開かれたWBA総会に出席した安河内剛事務局長は、女子の試合が議題に上ったことなどから、「世界中が認める方向にあるのは間違いない。レベルを上げていけば女子も可能性はある」とした。

 昨年12月、東日本ボクシング協会がJBCに女子の解禁を要請。JBCは現状の選手数や指導、育成の実態を調査するよう求めている。
 この日のWBA総会では今年認可した女子のタイトル戦9試合のうち既に6試合を消化したことなどが報告された。
(サンケイスポーツより)
  


posted by KENTA at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシング情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

川島勝重・引退へ〜WBC世界スーパーフライ級暫定王座決定戦

【9.18WBC世界スーパーフライ級暫定王座決定戦】
 
 18日、横浜市西区のパシフィコ横浜でWBC世界スーパーフライ級暫定王座決定戦行われた。

  ○クリスチャン・ミハレス(メキシコ) VS  川島勝重(大橋)●
  ≪判定2−1≫


 
 同級2位の川島が同級4位のミハレスの前に、小差の1−2判定で敗れた。 2回にダウンを奪ったが、細かいパンチを浴び続け、ジャッジ3人がいずれも1ポイント差の接戦で涙をのんだ。試合後、川島は正式に現役引退を表明。11年間に及んだボクサー人生に幕を閉じた。
 
 ボクサー人生の最後に見せた男の生きざまだった。31歳の川島は「9回から腕が上がらなくなった。最終回は気持ちだけで手を出した。命懸けで戦った。」世界をもたらした右オーバーハンド、左フックで相手の顔面をとらえた。
 
■亀田戦の影響か?ガッツが採点を公開
 テレビ中継で解説を務めた元世界ライト級王者のガッツ石松が、各ラウンドの採点を公表。
 審判2人と同じく、114−113でミハレスの勝利と判定。「おれが伝授したパンチも出たんだけどね。心を鬼にして採点したよ」と残念そうだった。 (スポニチアネックスより)
 
posted by KENTA at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシング情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


 
Copyright(C)2006-2007 亀田三兄弟とボクシングの動画&ニュースのBLOG〜All Rights Reserved.

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。