格闘技人気ランキング         ボクシング動画一覧

2007年12月03日

亀田和毅、アマ大会決勝進出!

■亀田和毅、再戦完勝→決勝進出へ 

 亀田家の三男・和毅(16)が現地1日、アマチュア大会「ゴールデングローブ」バンタム級準決勝で判定勝利し、15日の決勝戦に進出した。

 両者は11月15日に対戦し引き分け、和毅が“敗者扱い”となり優勝争いから脱落していたが、主催者が「判定に偏りがあった」として再戦を指示。この日は得意の左ジャブがさえ、スピードと手数で圧倒して3ラウンドを支配。採点は3−0の完勝。
 
 決勝の相手は身長180センチの優勝候補バルガス(メキシコ)。地元の期待の星と対戦することになった和毅だが「相手はごっつい強いけど絶対優勝する。」と語った。
 
格闘技・ボクシング人気ランキング
  


ラベル:和毅
posted by KENTA at 23:12| Comment(0) | TrackBack(4) | 亀田関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

亀田大毅、練習再開&謝罪会見

■毛皮で登場の大毅。謝罪は…

 10.11WBC世界フライ級タイトル戦で反則を繰り返し、1年間のライセンス停止処分を受けた亀田大毅(協栄)が11月30日協栄ジムで練習を再開した。

 練習再開に先立って大毅は金平会長と兄・興毅とともに謝罪会見を行った。大毅は毛皮のコートにジーンズ姿。会見の冒頭で謝罪の言葉を口にし「ゼロからスタートしていきたい」と語った。

 しかし今回は会見用の机などは用意されておらず、大毅と金平会長は立ったまま報道陣に対応。五分程度で会見は打ち切られた。
 練習が開始されまもなくすると敬語もなくなり、「試合後の歌?歌うと思うで。歌は好きやからな」ともはや開き直ったような態度。
 兄・興毅は先日の会見で逆に株を上げたのだが…。
 
格闘技・ボクシング人気ランキング
 
ラベル:大毅
posted by KENTA at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 亀田関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

亀田和毅、アマ断念し3.24プロデビュー

■亀田家の「最終兵器」和毅・プロデビュー

 亀田和毅(15)が3月24日、兄・興毅の試合の前座でプロデビューする。試合ではなくエキシビションを行う。フィリピン人パートナーを相手に2ラウンドのスパーリングを行う予定だ。
 北京オリンピックに年齢制限で出場できない和毅はアマチュア活動を断念。4月からは米国に渡り武者修行を敢行するとの事。
 

 また兄・興毅が標的としているWBC王者のポンサクレックが4月6日に防衛戦を行う。相手はWBC世界フライ級14位の清水智信(金子)と発表された。清水は元アテネ五輪強化選手で今年に世界ランカー破り世界ランク入りを果たしている。「チャンピオンになったら亀田選手とやりたい」と話しているとの事だ。 
 
ラベル:和毅
posted by KENTA at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 亀田関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

大毅・年内世界戦絶望!ランク入りせず

■WBA世界ランキング発表、大毅=異例の低評価

 6日、WBAが最新世界ランキングを発表した。前回ライトフライ級4位のビッキー・タフミルに勝ち確実視された亀田大毅のライトフライ級世界ランク入りは見送られた。
 これに亀田陣営は激怒。協栄ジムではJBCを通じWBA側に抗議文書や質問書を送ることを決めたとの事だ。

 通例ではランカーに勝てばランク入り出来るだろうけど、あの相手は酷すぎた(^^; まあ普通に強い奴に勝てばランク入りできるんだから小細工せずに試合をこなせばいいと思うが…。  

 
ラベル:大毅
posted by KENTA at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 亀田関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

亀田和毅、北京五輪断念!

■亀田家三男・和毅、アマチュアデビュー断念

 亀田家の三男・和毅がアマチュアデビューを断念したことが分かった。和毅のテレビ出演などが「プロ行為」に抵触する可能性があるとアマチュアの関係者から指摘されていた。これに憤慨した父の史郎氏は4日、アマチュアとの“決別”を表明。

 アマチュアでは、スポーツで得た名声を商業宣伝に使用することを禁じている。テレビ出演がこれに抵触する可能性がある。また史郎氏は「プロ行為」のほかに、和毅の髪形に関する指摘があったことも明かした。後ろ髪の一部を束ねている和毅の髪形が連盟の規定に反する可能性があるという。
 
 当初、和毅は5月の全日本実業団選手権でアマデビューを予定していたが、今春の中学卒業後、米国へボクシング留学を予定している。来年7月のプロデビューに向けて本場米国で修行を積む。
 どちらにしろプロ向きの亀田家。まあプロ行為みなされてもしょうがないが、まだデビューもしてないだけにちょっと可哀相な気もする…。



ラベル:和毅
posted by KENTA at 19:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 亀田関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月28日

ポンサクレック、12月に興毅と対戦か?

■興毅の標的ポンサク、V17戦は日本人と

 亀田興毅の対戦相手として協栄ジムが交渉を開始しているWBC世界フライ級王者ポンサクレック・クラティンデーンジムが17度目の防衛戦を行うことになった。
 相手はライトフライ級15位の戎岡淳一(明石)で4月6日、タイで行われる予定だ。戎岡はフライ級転向の予定で、戦績は14勝(6KO)9敗3分。
 2〜3日前は、3月31日に防衛戦が行われるという情報があったがもう変わったのか?さすがタイ…(^^;

 金平会長は昨年4月にもポンサクレック陣営と対戦交渉を持ったが、推定3000万円と高額なファイトマネーを要求され破談に(亀田陣営がだだをこねたとの噂も…)。ポンサクレックが勝った場合、亀田陣営は12月の対戦実現を目指しているようだ。

◆ポンサクレック ≪試合動画≫
 
格闘技・ボクシング人気ランキング
  
posted by KENTA at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 亀田関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

亀田家、フライ級制覇計画

■大毅〜年内にも世界挑戦!

 明日、プロ8戦目を控える“浪速の弁慶”亀田大毅の世界戦略が明らかになった。父・史郎さんによると、大毅はWBAフライ級王座を狙うとの事。
 今回の試合で世界4位に勝てば、タイトルが狙える15位以内へのランクインが予想される。タイトルマッチまであと3試合は行う予定で、年末頃に世界戦を行う構想だ。

 さらに兄・興毅も、年内にWBC王座に挑戦を計画。もし兄弟チャンプともなれば日本ボクシング界初の快挙だ。
 やっぱり亀田ファミリーは言う事がでかい!とは言っても、まずは大毅の明日の試合。夢は膨らむけど、現実的に大毅が興毅のような技術の進歩を見せてくれなければ世界は厳しいだろう。頑張ってくれ、大毅!(デイリースポーツより一部抜粋)

格闘技・ボクシング人気ランキング
 
ラベル:興毅 大毅
posted by KENTA at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 亀田関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

3.24亀田場所〜興毅・対戦相手決定

■興毅、WBC米大陸王者と対戦

 3月24日に行われる「亀田場所」の興毅の対戦相手が、WBC米大陸王者エベラルド・モラレスに決まった。モラレスは、WBCフライ級12位の30歳。戦績は、42戦で28勝(20KO)11敗2分1無効試合

3月24日(土)「亀田場所」 東京・両国国技館
≪ノンタイトル10回戦≫
亀田興毅(WBA世界フライ級1位/WBC世界フライ級3位)
エベラルド・モラレス(現WBC米大陸王者/WBC世界フライ級12位)



 モラレスは、昨年6月にはタイでWBC世界フライ級王者ポンサクレック・クラティンデーンジムに挑戦、4ラウンドTKO負けしている。興毅はポンサクレックとスパー経験もあるだけに、「ポンサクレックが4ラウンドで倒したからオレは3ラウンドで豪快に倒すよ」と強気の予告。(スポーツナビより一部抜粋)
 
 本来の階級に戻しただけあってあくまで強気の興毅。(あ、いつも強気か…)でも格下相手の試合で足元をすくわれることもある。ランダエタとの再戦に比べればプレッシャーもないだろうし、気が緩んでなければいいけど…。
  
ラベル:興毅
posted by KENTA at 18:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 亀田関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

大毅の対戦相手タフミル、狙いは興毅?

■世界4位ビッキー・タフミル、余裕のコメント

 2月23日に亀田大毅と対戦するビッキー・タフミルが意気込みを語った。
「カメダダイキ?まったく知らない。コウキなら知っているよ」と余裕のコメント。

 タフミルはWBA世界ライトフライ級4位、33勝(12KO)2分無敗の32歳。興毅の防衛戦の候補にもなったとの事。 
 母国インドネシアでは世界王者のクリス・ジョン、モハメド・ラクマンと並ぶ“インドネシア3強”と言われているそうだ。
 
 タフミルは本来ライトフライ級。年齢や試合間隔(9ヶ月)もちょっと気になる。単なる出稼ぎ外人ではないと思うが…。また今回は札幌の前川四兄弟もスパーリングを行うとか。う〜ん…これまた微妙(^^;

亀田大毅 プロ第8戦目興行
2月23日(金)北海道立総合体育センター「きたえーる」

 
<51.5キロ契約 10回戦>
亀田大毅(協栄/WBC世界スーパーフライ級27位)
ビッキー・タフミル(インドネシア/WBAライトフライ級4位)

<特別スパーリング 2分1R>
前川 廉(協栄札幌赤坂) ※前川4兄弟3男
亀田京之介 ※亀田兄弟の従兄弟

<特別スパーリング 3分2R>
前川龍生(協栄札幌赤坂) ※前川4兄弟長男
前川龍斗(協栄札幌赤坂) ※前川4兄弟次男

<ウェルター級 10回戦>
牛若丸あきべぇ(協栄/日本ウェルター級2位)
ジョコー・トゥンガル (インドネシア)

<60.0キロ契約 6回戦>
鎧塚真也(協栄)
阿部展大(角海老宝石)

<バンタム級 6回戦>
白石豊土(協栄)
石本良次(協栄札幌赤坂)


格闘技・ボクシング人気ランキング
 
ラベル:大毅
posted by KENTA at 22:47| Comment(2) | TrackBack(1) | 亀田関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

和毅、北京へ向け始動

■三男・和毅、年齢制限を全勝で突破!?
 
 5月のボクシング全日本実業団選手権でアマチュアデビューする亀田和毅が、14日都内で本格的に始動した。
 もっとも2008年の北京五輪は、現時点では年齢制限ルールで出場できない。そこで実績を積み上げることで、ルール変更を訴えるつもりのようだ。
 
 国際アマチュアボクシング連盟は、選考会で17歳になっていることを規定。選考会となる予定の全日本選手権時点で和毅は16歳4カ月。本人は「勝てばええんやろ。出場する大会は全部勝ったる」と実力を証明することで世論を動かすつもりのようだ。亀田一家はみんな強気ですな!
(日刊スポーツより一部抜粋)
 
ラベル:和毅 北京五輪
posted by KENTA at 19:49| Comment(0) | TrackBack(1) | 亀田関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


 
Copyright(C)2006-2007 亀田三兄弟とボクシングの動画&ニュースのBLOG〜All Rights Reserved.

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。