格闘技人気ランキング         ボクシング動画一覧

2006年09月28日

“浪速乃弁慶”亀田大毅6戦目〜苦戦するも判定勝利

■亀田大毅、世界ランカー相手に判定勝利

 “浪速乃弁慶”亀田大毅が27日、東京・後楽園ホールでWBC世界スーパーフライ級21位のバレリオ・サンチェスと試合を行った。

メーンイベント 52.5キロ契約 8R

○亀田大毅(協栄)
(8R 判定2−0=77−77、77−76、77−76)
×バレリオ・サンチェス(メキシコ/WBC世界スーパーフライ級21位、WBC米大陸同級チャンピオン)


 WBA総会のイベントとして開催された今回の試合。会場には40人近くのWBA関係者らが観戦に訪れた。また、亀田家と親交のある東北楽天ゴールデンイーグルス・野村克也監督夫人の沙知代さんや、テレビのレポーターとして訪れた虎舞竜のボーカル・高橋ジョージさんらも応援に駆けつけ、リングサイドから熱い声援を送った。

 KO決着を狙う大毅は、1ラウンドゴング開始とともに仕掛けていく。序盤から左の強打を連発。1ラウンド中盤には大毅の左フックがさく裂し、サンチェスが2、3度ぐらつく場面が見られたが、ダウンには至らず。その後も、大毅は積極的に左ボディを放つなど、世界ランカーを相手にパワーで圧倒し、試合を優位に進めていった。
 しかし、5ラウンド以降、キャリアに勝るサンチェスも老かいなテクニックで応戦。手数を出し、6ラウンドには大毅が目の上をカットする場面も見られた。
 判定は2−0で大毅の勝利。1人がドローで、2人が1ポイント差をつけるという僅差の判定となったが、クリーンヒットに勝る大毅にがい歌が上がった。
 
 試合後のインタビューでは、「今日は調子に乗りすぎたわ」と反省した大毅。残念ながら判定勝利のため、試合後の恒例となった歌のパフォーマンスを披露することはなかった。

→ 試合後に乱闘騒ぎも
 

 


ラベル:大毅 動画
posted by KENTA at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 大毅 【試合結果・動画】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


 
Copyright(C)2006-2007 亀田三兄弟とボクシングの動画&ニュースのBLOG〜All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。